十勝総合振興局より 2021-10-01

緊急事態宣言解除で振興局長と19市町村長がメッセージ

 十勝総合振興局(水戸部裕局長)は9月30日、緊急事態宣言が解除され「秋の再拡大防止特別対策」を実施する、

1日以降の「感染防止の行動の実践・行動のポイント」をまとめたメッセージを出した。

 振興局長と19市町村長の連名。飲食店などの制限解除や人流増加による再拡大も懸念されるため、

日常生活・外出・飲食・職場内での注意項目をまとめた。

 日常生活では、三密(密閉、密集、密接)や、感染リスクが高まる五つの場面(飲酒を伴う懇親会、

大人数や長時間の飲食、マスクなし会話、狭い空間での共同生活、居場所の切り替わり)の回避の徹底を、引き続き求めている。

 外出では、混雑している場所や時間を避けた上での少人数での行動、感染リスクを回避できない場合は

札幌市との不用不急の往来や、感染が拡大している他府県への不用不急の移動を控えることなどを求めている。

 飲食は感染防止対策が徹底されていない店などの利用は控える、食事は4人以内の少人数・短時間、

職場内では業種別ガイドラインの順守を訴えている。